緩和ケア外来のご紹介

がんの痛みも我慢しちゃダメ!

あきらめていませんか?その痛み!

小さい頃ころんですり傷を作って、痛くて泣きながら家に帰ると、親から「痛いくらいで泣くものじゃない!」と怒られたような経験、みなさんにもありませんか?
本当は泣きたいぐらい痛いのに、「痛みは我慢するもの」と教えられ、我慢することが美徳であると思いこんだりしてはいないでしょうか?

がんの痛みも我慢しちゃダメ!

医療の急速な進歩に伴い、がんの早期発見・診断や治療方法も大変進歩してきました。ただその半面、がんによる「痛み」をはじめとした身体の症状の治療については、あまり重視されてきませんでした。
ところが近年、がんの痛みを治すための治療は、がん自体を治す治療法よりも重要であることが分かってきました。がんの痛みは我慢すればするほど強くなり、そして治りにくくなっていくのです。


痛みを我慢しすぎると、食事も食べられなくなり、栄養状態が悪くなります。痛くて眠れないことが続くと、心にも余裕が無くなり、不安が強くなったり悪いことばかり考えるようになってしまいます。また痛くて動けないと寝たきりになり、色々な合併症が出てきてしまいます。
このように、がんの痛みは絶対に我慢してはいけないのです!

 

 

このページのTOPへ