病院からのお知らせ

地域包括ケア病棟を開設しました

当院では平成28年1月1日より「地域包括ケア病棟」を開設しました。
地域包括ケア病棟では、急性期治療を経過し症状が安定した方で、在宅での療養には不安があり、もう少し入院治療が必要な患者様に対して、在宅や介護施設への復帰に向けた医療や支援を行います。他にも軽微な発熱や脱水、骨折など急性期治療よりもリハビリを重視した入院加療を行っています。
 心身が回復するよう医師や看護師、病棟専従の理学療法士などにより、在宅復帰に向けて治療・支援を行っていきます。また、病棟専任の医療ソーシャルワーカーが患者様の退院支援・退院後の生活についてサポートさせて頂きます。

【対象となる方】
○急性期病棟での治療後、退院を目指したリハビリが必要な方。
○自宅や施設で療養中に肺炎や発熱、脱水、骨折、けがなど、重症度の観点から急性期病棟よりもリハビリを重視した入院加療が望ましい方。
※入院日数は最大60日までです。
※症状が安定しましたら、ご自宅や療養施設へと移って頂きます。

【お問合わせ先】
和田病院 地域連携室  ※詳しくはこちらをご覧下さい。

診療科のご案内

関連部門のご案内

  • 検診・ドックのご案内
  • リハビリテーションを私たちがサポートします。
  • 緩和ケア外来のご紹介
  • 当院は(財)日本医療機能評価機構認定病院です
  • 入院医療費について(DPC制度)
  • 採用情報
  • 関連施設

このページのTOPへ